検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
総合税制研究8
税制研究グループ
総合税制研究8
発 行2000年1月12日
判 型A5判256頁    
ISBN978-4-433-17710-2
定 価1,296円(本体1,200円)
概要を表示
目次を表示

   在庫がありません。 在庫品切

概要
わが国税制度のあるべき姿を<法学><財政学><会計学>の各視点からアプローチする本格的学際研究誌。 

目次
・法学からのアプローチ
租税債務の相続に関する一考察-国税通則法第5条と地方税法第9条を手がかりに  浦東久男
固定資産税の争訟方法の特殊性と改革の方向  占部裕典
電子商取引をめぐる国際課税のあり方についての問題提起  川端康之
いわゆる「つまみ申告」と重加算税
-租税制裁における主観的要件重視の傾向について  佐藤英明
・財政学からのアプローチ
地方税収の地域間格差と税源配分-全国都市データによる分析  高林喜久生
地方交付税のシミュレーション分析  橋本恭之
所得税改革の視点-再分配効果の分析  林 宏昭
アメリカ州・地方税制の変容にみる分権型地方税制の帰結  前田高志
・会計学からのアプローチ
限界税率の意義と推定  鈴木一水
合併における会計計算と税務計算の相互関係  田村威文
環境関連税制と環境会計  向山敦夫