検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
税法学 541
日本税法学会 【発行所】
税法学 541
発 行1999年6月1日
判 型B5判168頁   
ISBN978-4-433-17729-4
定 価3,780円(本体3,500円)
概要を表示
目次を表示

   在庫がありません。 在庫品切

概要
日本税法学会は・・・
昭和26年11月設立、税法学の研究及びその研究者相互の協力を促進し、併せて内外の学会及び諸団体との連絡を図ることを目的としています。
*事務所:京都市左京区高野竹屋町30番地
*理事長:清永敬次(京都大学名誉教授)
*学会誌:「税法学」1992年500号突破 

目次
[論 説]
遺産分割における相続税と所得税の課税関係(占部裕典)
韓国附加価値税法の仕組みと仕入税額控除 (高 正臣)
医療費控除の対象となる医療費の判断基準−アメリカを素材として(佐々木潤子)
いわゆるみなし譲渡課税についての考察(森田辰彦)

[総合判例研究]
税務行政と国家賠償(町田修三)

[判例研究]
租税法律主義の及ぶ範囲について(後藤正幸)
役員退職給与として土地を帳簿価額で現物支給した場合において適正な価額との差額が法人税法36条の「損金経理をしなかった金額」に該当するとされた事例(高橋祐介)
基準期間が免税事業者である場合の消費税法第9条第2項で規定する課税売上高の算出方法については、課税資産の譲渡等の対価の全額の合計額により算定することが相当であるとした事例 (吉田典保)

[学会記事]