検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
新版
法人の経理処理と消費税申告書の書き方 
佐用恭治
法人の経理処理と消費税申告書の書き方 
発 行2004年3月18日
判 型B5判468頁   
ISBN978-4-433-20073-2
定 価3,024円(本体2,800円)
概要を表示
目次を表示

   在庫がありません。 在庫品切

概要
■改正消費税に対応
■法人の決算と消費税確定申告書の作成手順等を詳細に解説。
■平成13年9月以後の法令通達を織り込み、平成16年4月以後に適用される改正(事業者免税制度の適用上限及び簡易課税制度の適用上限の引下げ)等により設例等の数字を全面改訂。

目次
第1章 消費税及び地方消費税の概要
第1節 消費税及び地方消費税の仕組み
第2節 課税の範囲
第3節 非課税取引
第4節 納税義務
第5節 納税義務の成立
第6節 輸出取引
第7節 課税標準
第8節 税率
第9節 仕入税額控除等
第10節 総額表示及び端数計算
第11節 申告・納付
第12節 納税地
第13節 届出等
第14節 記帳事項・帳簿の保存
第15節 国、地方公共団体等に対する特例

第2章 法人の経理と消費税
第1節 法人税と消費税
第2節 消費税等の経理処理
第3節 消費税等の経理処理に関する法人税の取扱い
第4節 控除対象外消費税等の処理等
★別表十六(八)のチェックポイント
第5節 勘定科目からみた消費税
第6節 具体的な経理処理

第3章 設例による消費税及び地方消費税の確定申告書の書き方
第1節 消費税及び地方消費税の計算手順
第2節 設例による消費税及び地方消費税の確定申告書の書き方

第4章 消費税等の額の異動等に伴う法人の所得計算
第1節 所得計算における基本的な考え方
第2節 設例による法人の所得計算

第5章 設例による届出書の記載例