検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
新 税理士・春香の事件簿
変わる税金裁判
立命館大学法科大学院教授 三木義一
新 税理士・春香の事件簿
発 行2004年12月25日
判 型A5判304頁  
ISBN978-4-433-22384-7
定 価2,376円(本体2,200円)
概要を表示
目次を表示

   在庫がありません。 在庫品切

概要
■さまざまな税務事件を会話形式でわかりやすく解説。
最前線で活躍する女性税理士による「私の事件簿」

目次
1 日本の税金裁判と税理士-長崎・開業費事件
2 組合員が組合から受ける「給与」
3 専門家である妻への報酬
4 「保養目的」は主観か客観か
5 寄附目的のための交換と特別措置
6 社長の保証と所得税法64条
7 転勤後の週末利用住宅に対する住宅取得控除の可否
8 詐欺と雑損控除
9 英文添削料の差額負担と交際費
10 会社の合併無効と更正の請求
11 相続税と不当利得
12 新築の場合の不動産取得税の評価額
13 推計課税の合理性と本人率
14 源泉徴収と消滅時効
15 将来の債権の譲渡担保
16 意識的貸倒損失の計上と脱税?

私の事件簿
COLUMN
・租税法律主義なんておおげさな?
・簡易課税の業種適用区分
・はじめての嘆願書
・損益通算と財産分与
・波乱万丈―相続事件
・贈与の錯誤無効と租税法律主義
・事実認定とはいかに?
・紛失した国債の行方
・これって寄附金?
・民法は必須
・疑いを招く申告
・調査する側、される側
・税務署に完全勝利
・消費税は預かり金!?
・長寿社会のリスク
・不正還付を受けたのは誰?