検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
どこをどうみる相続税調査
相続税申告前の事前チェックと調査への対処法
税理士  山本和義 編著
税理士  水品志麻、税理士 高田隆央
どこをどうみる相続税調査
発 行2004年11月13日
判 型A5判208頁 
ISBN978-4-433-22424-0
定 価1,728円(本体1,600円)
概要を表示
目次を表示

   在庫がありません。 在庫品切

概要
相続税の申告に係る勘違いを中心にそのチェックポイントと、税務調査の対処法をケース別(調査前、調査当日、調査後)に実務家の体験を通じて得た情報を基に具体的な事例を掲げ、わかりやすく解説した相続税調査のガイドブック。

目次
第1章 相続税の申告に当たっての留意点
第1節 準確定申告等に関する手続と留意点
第2節 相続後の所得税の申告に関する勘違い
第3節 相続に関する勘違い
第4節 贈与に関する勘違い
第5節 申告期限までに分割協議が調わない場合のデメリット

第2章 相続税申告書等のチェックポイント
第1節 相続税申告書第1表のチェックポイント
第2節 相続税申告書第11表のチェックポイント
第3節 相続税申告書第11・11の2表の付表1、付表2のチェックポイント
第4節 相続税申告書第13表のチェックポイント
第5節 土地及び土地の上に存する権利の評価明細書からのチェックポイント
第6節 取引相場のない株式等の評価明細書からのチェックポイント
第7節 相続税申告における添付資料

第3章 相続税の税務調査の概要
第1節 相続税の税務調査の概要
第2節 相続税の税務調査の種類
第3節 相続税の税務調査の標準的な進め方
第4節 相続税の税務調査での質問事項とその狙い
第5節 税務調査を受けやすい相続税の申告書
第6節 金融資産の調査手法

第4章 相続税の税務調査の対応策
第1節 税務調査前日までの対応策
第2節 税務調査当日の対応策
第3節 税務調査後の対応策〜修正申告が必要となった場合〜
第4節 申告税額が過大であった場合の救済制度