検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
総合税制研究11
税制研究グループ
総合税制研究11
発 行2003年1月13日
判 型A5判264頁  
ISBN978-4-433-27712-3
定 価1,296円(本体1,200円)
概要を表示
目次を表示

   在庫がありません。 在庫品切

概要
わが国税制度のあるべき姿を<法学><財政学><会計学>の各視点からアプローチする本格的学際研究誌。

目次
・法学からのアプローチ
 米国連邦所得税における前受収益の課税理論  一龍司
 アメリカ連邦所得税における稼得所得税額控除(EITC)について  佐藤英明
 租税法律不遡及の原則についての一考察  高橋祐介
・財政学からのアプローチ
 公的年金税制の改革と世代間の経済厚生 上村敏之
 自動車関係諸税と道路整備の地域間格差  高林喜久生
 道路特定財源の一般財源化について  橋本恭之
 財政の持続可能性と税制改革  日高政浩
・会計学からのアプローチ
 オーストラリアにおける小規模事業体課税  浦崎直浩
 税効果会計教育の課題  坂上 学
 証取法会計と税務会計の経済的視点からの比較検討  田村威文