検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略
大武健一郎
平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略
発 行2006年10月20日
判 型A5判544頁(上製)  
ISBN978-4-433-30586-4
定 価2,700円(本体2,500円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
■「税」の視点から平成の日本経済を見つめた講演記録と、大国・日本の将来に向けて国家戦略を熱く語る。

目次
第1部 平成の税・財政の歩み

我が国の税制改革の諸問題
税制改革について
今後の税制のあり方について
激動の時代の税制改正
激動の時代を生きぬくために
税・財政の現状と21世紀への展望
21世紀初頭の税・財政と21世紀の展望
日本再生の道−税・財政を考える
あるべき税制の構築に向けて
日本経済の動向と日本の進路−税制改革の視点から

第2部 21世紀の日本の国家戦略

著者紹介
大武健一郎(おおたけ・けんいちろう)
東京都生まれ。昭和45年東京大学経済学部卒業、同年大蔵省入省、大阪国税局長、大蔵省主税局審議官、財務省主税局長、国税庁長官を歴任。現在、商工中金副理事長、大阪大学・学習院大学非常勤講師。『データで示す日本の大転換』(かんき出版)『税財政の本道』(東洋経済新報社)などの著書がある。