検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
新会社法適用
定款変更と企業防衛対策の実務
鳥飼総合法律事務所 弁護士 鳥飼重和 編著
定款変更と企業防衛対策の実務
発 行2006年4月17日
判 型A5判280頁  
ISBN978-4-433-33966-1
定 価2,420円(本体2,200円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
■会社法により企業戦略が変わる!
いかに企業防衛策を設計し、会社の存続と発展を定款変更でどう実現するか。また、定款記載事項により企業戦略をどう具体化していくのか、そのすべてを解説!

目次
序論 企業防衛と新会社法
第1章 新しい資本市場時代
第2章 新会社法の実務的理解
第3章 新会社法の下での株主総会の捉え方
第1部 新会社法の下での定款変更
第1章 定款自治
第2章 新法施行により影響を受ける定款記載事項
第3章 定款変更手続
第2部 企業防衛策
第1章 企業防衛策の類型
第2章 定款自治と企業防衛
第3部 企業防衛策としての定款変更
第1章 企業防衛策に有用な定款記載事項
第2章 企業防衛のための株式に関する定款変更例
第3章 企業防衛のための機関に関する定款変更例
第4章 企業防衛のための組織再編に関する定款変更例
第5章 企業防衛のためのその他の定款変更例

著者紹介
【編著】
 鳥飼重和(とりかい しげかず)
  中央大学法学部卒業。税理士事務所勤務後、司法試験に合格。弁護士。日本税理士会連合会顧問、中小企業庁中小企業政策審議会企業制度部会委員。
  専門分野:経営法務を中心とした会社法、税務訴訟を中心とした税法。
  主な著書:『プロが教える 中小企業の新「会社法」対策 Q&A135問135答』(TKC出版・共著)
       『非公開会社のための新会社法』(商事法務・共著)
       『株主総会の議長・答弁役員に必要なノウハウ』(商事法務)
       『平成18年株主総会徹底対策』(商事法務・共著)
       『Q&A政治献金と株主総会対応』(商事法務・共著)
       『リーガルマインド養成講座』(商事法務)
       『コーポレートガバナンスの商法改正―株式代表訴訟の見直し』(商事法務)
       『経営者に必要な会計知識』(商事法務)
       『実践企業組織改革@合併・分割―法務・税務・会計のすべて』(監修 税務経理協会)
       『税理士の業務・権限・責任―新税理士法の体系とその解釈』(監修 中央経済社)

【著者】
 権田 修一(ごんだ しゅういち)
  早稲田大学社会科学部卒。法律事務所勤務を経て、司法試験合格。弁護士。鳥飼総合法律事務所所属。
  専門分野:債権回収、株主総会指導、M&A、会社再建などを専門分野とする。
  主な著書:『債権回収基本のき』(商事法務)
       『プロが教える 中小企業の新「会社法」対策 Q&A135問135答』(TKC出版・共著)
       『Q&Aわかりやすい改正会社更生法』(清文社・編著)

 松本 賢人(まつもと まさと)
  早稲田大学政治経済学部卒。司法試験合格後、司法研修所を経て、弁護士登録。鳥飼総合法律事務所所属。
  専門分野:知的財産法、会社法、税法に関する案件を扱っている。
  主な著書:『改正破産法の実務Q&A』(中央経済社・共著)
       『実践企業組織改革A株式交換移転・営業譲渡―法務・税務・会計のすべて』(税務経理協会・共著)
       『株式制度・株主総会 改正商法の実務Q&A―平成13年11月成立』(中央経済社・共著)
       『プロが教える 中小企業の新「会社法」対策 Q&A135問135答』(TKC出版・共著)

 福ア剛志(ふくざき たけし)
  広島大学大学院社会科学研究科卒。司法試験合格後、司法研修所を経て、弁護士登録。鳥飼総合法律事務所所属。
  専門分野:主に会社訴訟、コンプライアンスプログラムの策定、M&A、株主総会指導、企業再生、税務訴訟等の国内企業法務において活躍中。
  主な著書:『Q&Aわかりやすい改正会社更生法』(清文社・共著)
       『改正破産法の実務Q&A』(中央経済社・共著)
       『プロが教える! 中小企業の新「会社法」対策 Q&A135問135答』(TKC出版・共著)

 青戸 理成(あおと まさなり)
  早稲田大学法学部卒。大手法律事務所勤務を経て司法試験合格。弁護士。鳥飼総合法律事務所所属。
  専門分野:企業法務を中心に、会社法に関する案件や債権回収、一般民事・刑事事件など幅広く取り扱っている。
  主な著書:『税理士・会計士のための顧問先企業の会計・税務・法務指導ガイドブック』(清文社・共著)
       『改正破産法の実務Q&A』(中央経済社・共著)