検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
プロジェクトの進行状況に対応した
〔建設工事〕近隣対策の進め方
石原勝信 編著
〔建設工事〕近隣対策の進め方
発 行2007年2月23日
判 型B5判232頁  
ISBN978-4-433-36626-1
定 価2,420円(本体2,200円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫がありません。 在庫品切

概要
■現場経営成功のカギは近隣対策にあり!
市街地における建設工事をいかにスムーズに行うか。発注者・近隣住民から信用を得るための近隣対策の考え方・進め方を、プロジェクトの流れに沿って時系列に解説。
■近隣対策から得られる「顧客満足達成」のヒント満載!

目次
第1章 これからの近隣対策
1.建設会社の果たすべき社会的責任
2.通用しない現場側から考える近隣対策
3.マネジメントで考える近隣対策
4.全社的に標準化した近隣対策の確立
5.「近隣対策の標準化」を目指して
6.標準化に向けた建設業の課題
7.近隣対策活動の全体体系
第2章 「営業段階」の近隣対策
1.基本的な考え方
2.営業(見積り)段階における管理対象の把握
3.受注後における営業(見積り)段階の外部環境情報の引継ぎ
第3章 「着工前」の近隣対策
1.基本的な考え方
2.近隣へのあいさつ
3.近隣の調査
4.工事説明会
5.工事計画への反映(近隣への配慮)
第4章 「着工時」の近隣対策
1.基本的な考え方
2.関連各所との打合わせ
3.諸官庁への届出
4.境界の確認
第5章 「工事中」の近隣対策
1.基本的な考え方
2.仮設工事における管理対象
3.基礎・土工事における管理対象
4.躯体工事における管理対象
5.仕上工事における管理対象
6.設備工事における管理対象
7.外構工事における管理対象
8.その他の工事における管理対象
9.その他の近隣関連活動
第6章 「工事完了後」の近隣対策
1.基本的な考え方
2.工事終了後のあいさつ
3.近隣の確認調査
4.近隣対策活動のフィードバック
おわりに

著者紹介
石原勝信(いしはら・かつのぶ)
1957年 東京都生まれ
1981年 東京電機大学工学部建築学科卒業、飛島建設鞄社。
建築部門の現場管理、見積、工務を経験し、購買管理者として現場成果創出への業務改革を行う。
2002年 鞄本コンサルタントグループ 建設産業システム研究所入社。
建設業界に特化したコンサルティング業務を実施している。
専門分野:企業体質改善生産システム再構築指導、原価管理実践指導、コストダウン購買システム策定支援、技術者マネジメント実践指導など
執筆等 「建設業のリスクマネジメント」「現場生産システムの再構築による経営改革の実践」(『全建ジャーナル』連載。(社)全国建設業協会)、「建設現場のリスクマネジメント」(『Consultant』掲載。(社)建設コンサルタンツ協会)など。