検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
借用概念と税務争訟
租税実体法の解釈および手続法・争訟法
兼平裕子
借用概念と税務争訟
発 行2016年10月18日
判 型A5判488頁 
ISBN978-4-433-41086-5
定 価4,536円(本体4,200円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫がありません。 在庫品切

概要
借用概念を基本テーマとした租税実体法、租税手続や争訟に関する租税手続法について論説にまとめたもの。

目次
第1部 借用概念(租税実体法の解釈)
第1章 権利能力なき社団と人格のない社団等
第2章 法人論の現代的機能−民法上の法人論から公益法人課税の根拠論へ―
第3章 国際課税と国内法−匿名組合とLPSをめぐって−
第4章 英領およびEU域内オフショアを利用した国際的租税回避問題
第5章 COP21パリ協定9条における資金問題と国際連帯税構想−課税権力としての租税の役割の変容および国内租税法との整合性−

第2部 税務争訟(租税法と行政法の交錯)
第6章 租税行政分野における判断余地の法理−不確定概念に対する司法審査−
第7章 税務訴訟における公定力理論−行政行為論から私法的構成へ―
第8章 税務訴訟の争い方とその実質的波及効果
第9章 税務行政手続と税務争訟−占部裕典著「租税法と行政法の交錯」を手掛かりとして−

著者紹介
兼平裕子(かねひら ひろこ)
愛媛大学法文学部教授
1978年広島大学政経学部卒業、2003年神戸大学大学院法学研究科博士課程修了・博士(法学)
税理士を経て、2007年より愛媛大学法文学部准教授、2010年より現職。
〈主著〉
「それでも環境税を払いたくなる本」(海象社、2009年)
「低炭素社会の法政策理論」(信山社、2010年)
「民法と税法の交錯―フラットな社会を構築するために−」(愛媛大学法学研究叢書、2012年)