検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
税法学  582
日本税法学会 【発行所】
税法学  582
発 行2019年11月29日
判 型B5判256頁 
ISBN978-4-433-47739-4
定 価4,290円(本体3,900円)
概要を表示
目次を表示

   在庫僅少です。

概要
日本税法学会は・・・
昭和26年11月設立、税法学の研究及びその研究者相互の協力を促進し、併せて内外の学会及び諸団体との連絡を図ることに目的としています。
*事務所:京都市左京区高野竹屋町30番地
*理事長:谷口勢津夫
*学会誌:「税法学」1992年500号突破

目次
[論説]
「合法性の原則」の実務上の対応
-租税法における要件裁量否定論および合意の拘束力-・・・兼平裕子
仮想通貨(暗号資産)の評価
-相続税評価を中心として-・・・木村幹雄
クロスボーダー配当ストリッピングに対する課税のあり方
-日独比較を中心に-・・・中嶋美樹子
国税通則法上の新たな情報照会手続の意義と法的課題・・・野一色直人
租税訴訟における規範的要件の要件事実
-法人税法132条1項の不当性要件を中心に-・・・服部由美
法人の接待等と交際費等該当性の判断基準との関係の考察
-大成ラミック事件(国税不服審判所平成23年1月24日裁決)の分析を中心に-・・・細川健
外国法人への支払対価に対する過度な源泉徴収義務に関する一考察
-人的役務の提供事業を素材にして-・・・前田謙二

〔判例研究〕
「不相当に高額な部分の金額」の予測可能性・・・梅野智子
借入金に係る債務免除益の所得分類の判断構造・・・藤間大順
同族会社に支払った外注費が所得税法37条1項の必要性要件を満たさないとされた事例・・・山田麻未

〔第109回大会シンポジウム−近時の租税手続をめぐる法的諸問題(討論)〕

〔学会記事〕