検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
ネット時代の旅行業
その現状と将来
丸山政行
ネット時代の旅行業
発 行2018年5月2日
判 型A5判128頁 
ISBN978-4-433-49208-3
定 価2,160円(本体2,000円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫僅少です。

概要
旅行業の将来はどうなるのか、若年層の旅行離れは本当にあるのか、旅行業の現状と将来の成長期待を予想し、研究データとともに読み解く。

目次
第1章 お読みいただく前の前提として
第1節 問題の背景
第2節 本稿の目的
第3節 研究方法
第4節 本稿の構成

第2章 先行研究の検討
第1節 旅行業のビジネスモデルの問題についての研究
第2節 旅行商品についての研究
第3節 インターネットとの関連の研究
第4節 若年層と旅行についての研究
第5節 本章のまとめ

第3章 日本における旅行業の歴史的背景
第1節 戦前における旅行市場
第2節 戦後における旅行市場
第3節 本章のまとめ

第4章 現代日本における旅行業の経営環境
第1節 旅行業の重要性と経済的位置付け
第2節 経営環境におけるサービスについて
第3節 日本の旅行業の収益構造
第4節 航空産業と旅行会社の関係の変遷
第5節 旅行業と情報について
第6節 主要旅行業者の旅行取扱い状況
第7節 ビジネスモデルとしての従来型旅行業の終焉
第8節 本章のまとめ

第5章 若年層と旅行
第1節 観光庁による若者旅行の推進
第2節 年齢階層別インターネットの利用状況
第3節 若年層の旅行離れについて
第4節 本章のまとめ

第6章 仮説の設定と検証
第1節 仮説の設定
第2節 アンケートの調査対象
第3節 全年齢層を対象としたアンケートの分析
第4節 若年層を対象としたアンケートの分析
第5節 旅行業従事者を対象としたアンケートの分析
第6節 本章のまとめ

第7章 おわりに
第1節 本稿の成果
第2節 研究成果を踏まえての旅行業の方向性
第3節 研究の限界と今後の課題

著者紹介
博士(経済学)
丸山 政行(まるやま まさゆき)

・和歌山県立田辺高等学校卒業(1976年3月)
・立命館大学経済学部卒業(1982年3月)
・日通旅行(日本通運株式会社)(1982年〜2003年)
・JTBグループ(2003年〜2012年)
・2012年4月〜2013年3月 大阪観光大学 観光学部 教授
・2013年4月〜2016年3月 プール学院大学 国際文化学部 教養学科 教授
・2016年4月より 関西国際大学 人間科学部経営学科 教授

・2015年3月より 常州大学 客員教授(中国)
・2017年12月より 国立高雄餐旅大学 客員教授(台湾)
・2016年6月より 輔仁大学民生学院 Visiting Scholar(台湾)
・2017年9月より Hanyan Univercity (漢陽大学校)招聘客員教授(韓国)
・大阪経済大学大学院 経済学研究科博士後期課程修了 博士(経済学)

(その他、社会活動など)
・一般財団法人 京都大学名誉教授森下正明研究記念財団 代表理事