検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
Q&A 外国法人所得課税の実務
税理士 遠藤克博
Q&A 外国法人所得課税の実務
発 行2012年10月2日
判 型A5判442頁 
ISBN978-4-433-51382-5
定 価3,780円(本体3,500円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
■外国法人の国内課税問題を徹底解説!
投資ファンドの外国投資家への課税、国際組織再編、国際金融取引への課税も網羅。

目次
第1章 外国法人の納税義務
第1節 外国法人の納税義務と内国法人の納税義務の相違点
第2節 外国法人の恒久的施設
第3節 所得の源泉性−国内源泉所得

第2章 課税方式と所得計算
第1節 申告を要する所得と源泉徴収される所得
第2節 外国法人の所得税の源泉徴収

第3章 申告・納税・諸手続
第1節 法人税の申告
第2節 外国法人とわが国の地方税
第3節 諸届出
第4節 国際的な二重課税の排除−相互協議手続

第4章 税務調査
第1節 税務調査の基本事項
第2節 質問検査権

資料 外国法人に関する法令等・税務関係書類一覧

著者紹介
遠藤克博(えんどう かつひろ)
東北大学経済学部卒業後、昭和53年東京国税局入局。国税庁調査課からロンドン長期出張、移転価格事前確認審査担当専門官、国際調査課課長補佐、税務大学校研究部教授、主任国際税務専門官。平成20年遠藤克博税理士事務所開設。平成21年ローランド ディージー 且ミ外監査役(現任)、青山学院大学大学院客員教授。平成23年千代田インテグレ且ミ外監査役(現任)。平成24年税務大学校総合研修講師。
主な著作に「パススルーエンティティをめぐる国際課税問題」(日税連懸賞論文)、「移転価格税制と寄附金課税」(税務大学校論叢33号)、「[詳解]国際税務」(共著、清文社)等。

<編集協力>
山内利文(やまうち としふみ)
税理士。昭和43年4月仙台国税局採用。都内及び千葉県下税務署、東京国税局調査部に勤務。この間、外国人、外国法人担当部門、税務署国際調査情報官、国際情報専門官などを経て平成21年退職。同年税理士事務所開設。