検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
建設業のための消費税Q&A
税率8%・10%への実務対応
税理士 金井恵美子
建設業のための消費税Q&A
発 行2014年7月17日
判 型A5判264頁  
ISBN978-4-433-52034-2
定 価2,376円(本体2,200円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
消費税率8%・10%への2段階引上げで、建設業特有の消費税実務はどうなるのか?適用税率の判断、請負工事の経過措置など、消費税率の変更にあたっての疑問点の解決等、Q&A形式で簡潔に解説。

目次
第1章 消費税の概要
1 資産の譲渡等に係る消費税
2 新たに設立された法人の納税義務
3 輸入貨物に係る消費税
4 経理処理

第2章 建設業特有の消費税
1 建設業特有の取引に係る課否判定
2 ジョイント・ベンチャー(JV)に係る消費税
3 簡易課税制度の改正

第3章 工事収益と工事原価の認識
1 会計における認識
2 税務における認識

第4章 適用する消費税率の判断
1 課税資産の譲渡等に係る税率
2 課税仕入れ等に係る税率

第5章 工事収益に関する税率の経過措置
1 経過措置の概要
2 工事の請負等に関する経過措置
3 工事進行基準による場合の経過措置
4 課税標準額に対する消費税額の修正

第6章 消費税転嫁対策特別措置法

著者紹介
金井恵美子(かないえみこ)
1993年 税理士登録、金井恵美子税理士事務所開設
現在 近畿大学大学院法学研究科非常勤講師
   近畿税理士会法律・税務審理室審理員
<主著・論文>
「七訂版 実務消費税ハンドブック」コントロール社、2014年
「プロフェッショナル消費税の実務」清文社、2013年
「所得税法第56条の今日的存在意義について」2003年(第26回日税研究賞入選) 他、多数