検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
中小企業のための 会社売却(M&A)の手続・評価・税務と申告実務
公認会計士・税理士 岸田康雄
中小企業のための 会社売却(M&A)の手続・評価・税務と申告実務
発 行2014年5月20日
判 型A5判312頁 
ISBN978-4-433-54464-5
定 価2,808円(本体2,600円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫がありません。 在庫品切

概要
事業承継の有効な手段の一つである会社売却について、スキームとM&Aを税務の視点からわかりやすく解説。

目次
第1章 会社売却の決断方法
1.会社売却の相談相手
2.会社売却の意思決定

第2章 会社売却のプロセス
1.会社売却の準備
2.買い手の見つけ方
3.取引条件の交渉
4.最終契約の交渉
5.譲渡契約書の締結
6.取引実行(クロージング)

第3章 会社の価値
1.買い手が評価する価値
2.株式の価値とは何か
3.第三者へ株式を譲渡する場合の時価
4.同族株主間で株式を譲渡する場合の時価

第4章 会社売却における税務
1.会社売却の取引スキーム
2.組織再編を伴う会社売却
3.同業他社との経営統合
4.会社売却に伴う税務上の論点

第5章 会社売却の確定申告
1.株式譲渡に係る個人の所得税の確定申告
2.株式譲渡に係る法人税の確定申告

第6章 売却後の会社はどうなるか
1.会社の経営承継
2.会社の経営統合
3.企業オーナーから金融資産家へ

著者紹介
岸田康雄(きしだ やすお)
1970年大阪府生まれ。一橋大学大学院商学研究科修了(経営学及び会計学専攻)。国際公認投資アナリスト(日本証券アナリスト協会検定会員)、公認会計士、税理士、中小企業診断士。日本公認会計士協会経営研究調査会「事業承継専門部会」専門委員。
 中央青山監査法人(PwC)にて事業会社、都市銀行、証券投資信託等の会計監査及び財務デュー・デリジェンス業務に従事。その後、メリルリンチ日本証券、SMBC日興証券、みずほ証券に在籍し、中小企業オーナーの相続対策から大企業のM&Aまで100件を超える組織再編と事業承継をアドバイスした。
 現在、富裕層の相続税申告、資産承継コンサルティング、資産管理システムの導入支援を行っている。
著書は、「相続生前対策完全ガイド」(中央経済社)、「M&Aアドバイザリーガイド」(中央経済社)、「証券投資信託の開示実務」(中央経済社)、「金融商品会計・税務のポイント」(三和総合研究所)など。