検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
税法の中の「民法」を探る
税理士・春香の民法講座
青山学院大学法学部長 三木義一 監修
税理士 鹿田良美、税理士 出川洋、税理士 丸田隆英 
税理士・春香の民法講座
発 行2014年7月31日
判 型A5判212頁 
ISBN978-4-433-55144-5
定 価2,160円(本体2,000円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
厳選した税法と民法の接点34事例を税理士が税理士のために、会話形式でわかりやすく解説。

目次
第1章 国税通則法と民法の接点
第1話 和解が成立した場合の課税関係
第2話 後発的事由に基づく更正の請求と契約の解除
第3話 法的申告期限前に契約解除をした場合の課税関係
第4話 条件成就による遡及効の課税への影響
第5話 修正意思のない修正申告の取扱い
第6話 更正の請求以外に、国に対して税金の不当利益を請求できるか
第7話 時効と除斥期間ってどう違う?
第8話 住所を転々として申告しなかった場合

第2章 所得税法と民法の接点
第9話 「組合」に関する課税関係
第10話 所得税法58条と民法上の交換契約
第11話 未分割の財産から生じる収益
第12話 対抗要件で劣後して物件を取得できなかった第一契約者に対する損害賠償金の譲渡費用性
第13話 保証債務を履行するために土地を譲渡し、求償権が行使不能である場合とは
第14話 時効による取得と所得課税
第15話 定期金契約に関する課税関係
第16話 年齢の計算
第17話 夫婦や親子で住宅ローンを組んだ場合

第3章 法人税法と民法の接点
第18話 デッド・エクイティ・スワップ(DES)と混同

第4章 相続税法と民法の接点
第19話 未収の地代家賃は相続財産か
第20話 親族間の使用貸借と財産評価
第21話 地上権と賃借権
第22話 無道路地の隣地も評価減?
第23話 区分地上権と区分地上権に準ずる地役権
第24話 請負契約による建築中の建物の評価は
第25話 借店舗の造作は誰のもの?
第26話 借地権の種類
第27話 贈与契約書さえつくっておけば大丈夫!?
第28話 間違った契約はやり直せる!?

第5章 消費税法と民法の接点
第29話 請負契約に基づく報酬も給与?!
第30話 請負契約による賃貸用建物は、消費税の課税期間内に引き渡されたなら、完成度は不問?

第6章 税理士法と民法の接点
第31話 委任契約と税理士損害賠償責任
第32話 税理士の履行補助者の説明義務違反にかかる損害賠償責任
第33話 申告書作成を依頼された税理士が、頼まれもしないのに所得算定を始めた場合の責任
第34話 粉飾決算を助けた税理士の責任

※詳しい目次内容は、フラッシュビューワーのボタンよりご覧いただけます。

著者紹介
監修者
三木義一(みき・よしかず)
昭和48年 中央大学法学部卒業
昭和50年 一橋大学大学院法学研究科修士課程修了
日本大学、静岡大学、立命館大学を経て、現在、青山学院大学法学部長(弁護士)

著者
鹿田良美(しかた・よしみ)
税理士(近畿税理士会 北支部 所属)
大阪市生まれ。
昭和58年 立命館大学法学部法学科卒業
昭和59年 大阪国税局(国税専門官14期)採用
平成3年 大阪国税局課税第一部国税訟務官室を最後に退職
平成10年 立命館大学大学院法学研究科博士課程前期課程修了
平成12年 立命館大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了
平成12年 税理士登録
平成14年 鹿田良美税理士事務所開設、現在に至る。

出川洋(でがわ・よう)
税理士(近畿税理士会 葛城支部 所属)
奈良県生まれ。
昭和59年 立命館大学法学部法学科卒業
平成15年 立命館大学大学院法学研究科修士課程修了
平成15年 税理士登録
平成16年 出川洋税理士事務所開設、現在に至る

丸田隆英(まるた・たかひで)
昭和33年 大阪市生まれ
昭和56年 関西大学法学部卒業
昭和56年〜平成21年
     大阪国税局国税訟務官室、同局資産評価官付審査指導担当主査等を経て平成21年7月大淀税務署個人課税第一部門統括官を最後に退職
平成7年 不動産鑑定士登録
平成21年 税理士登録
     丸田税理士事務所・不動産鑑定を開業
現在、近畿税理士会税務審理員(資産税担当)、奈良県不動産鑑定士協会 監事