検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
総合税制研究1
税制研究グループ
総合税制研究1
発 行1992年12月1日
判 型A5判224頁  
定 価1,296円(本体1,200円)
概要を表示
目次を表示

   在庫がありません。 在庫品切

概要
わが国税制度のあるべき姿を<法学><財政学><会計学>の各視点からアプローチする本格的学際研究誌。

目次
・法学からのアプローチ
地方税における遡及立法禁止の問題  浦東久男
租税条約における「恒久的施設」概念の機能と限界  占部裕典
時間の貨幣的価値と課税  川端康之
委託者・受益者不存在の場合の信託課税  佐藤英明
租税負担選択権の憲法上の許容性  谷口勢津夫
・財政学からのアプローチ
資本所得課税の国際比較:日本とアメリカ  井堀利宏 
キャッシュ・フロー法人税の研究  戸谷裕之
消費税の逆進性問題  林 宜嗣
・会計学からのアプローチ
公会計における税収入の位置付け  瓦田太賀四