検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
地方財政改革の検証
橋本恭之鈴木善充木村真小川亮吉田素教
地方財政改革の検証
発 行2017年4月7日
判 型A5判328頁 
ISBN978-4-433-63887-0
定 価3,672円(本体3,400円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
「地方税改革」、「地方交付税改革」、「国庫支出金改革」、「財政再建」についての4部構成により、地方税財政改革について豊富な図表やグラフを用いて、検証。

目次
序章 地方分権改革の潮流

第1部 地方税改革

第1章 地方税改革の概要
第2章 三位一体の改革の税源移譲と地域間税収格差
第3章 ふるさと納税制度の検証

第2部 地方交付税改革

第4章 地方交付税改革の概要
第5章 交付税改革の検証
第6章 交付税改革が夕張市財政に与えた影響について

第3部 補助金改革

第7章 国庫支出金改革の概要
第8章 国庫支出金の構造変化について−夕張市の事例

第4部 財政再建

第9章 地方財政健全化法の概要
第10章 夕張市の財政再建
第11章 夕張市の財政再建と税収への影響
第12章 地方財政運営の持続可能性

著者紹介
橋本恭之(はしもと きょうじ)
1960年生まれ、大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得後退学
現在 関西大学経済学部教授、博士(経済学)
主著「日本財政の応用一般均衡分析」清文社、2009年(第18回租税資料館賞)

鈴木善充(すずき よしみつ)
1975年生まれ、関西大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
現在 近畿大学短期大学部准教授、博士(経済学)
主著「租税政策論」清文社、2012年(共著)

木村真(きむら しん)
1975年生まれ、大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得後退学
現在 兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科准教授、博士(経済学)
主要論文「多部門世代重複モデルによる財政再建の動学的応用一般均衡分析」、「経済分析」第183号、pp.1-24、2010年(共著)

小川亮(おがわ りょう)
1977年生まれ、大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得後退学
現在 大阪市立大学大学院経済学研究科准教授 博士(経済学)
主要論文「立地要因分析から見た地方都市の工場誘致」、「地域学研究」第46巻第2号、pp.199-212、2016年(共著)

吉田素教(よしだ もとのり)
1969年生まれ、大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程中途退学
現在 大阪府立大学大学院経済学研究科准教授、博士(経済学)
主著「自治体歳出配分行動の政策評価」中央経済社、2007年