検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
会計データの価値を最大限引き出す Excel活用術
税理士・中小企業診断士 上野一也
会計データの価値を最大限引き出す Excel活用術
発 行2019年2月6日
判 型B5判144頁 
ISBN978-4-433-64188-7
定 価2,160円(本体2,000円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
税理士・会計士・経理担当者必携!
Excelによる経営に活かせる会計データの活用法について、図表を用いて見やすくわかりやすく解説。

エクセルシート《サンプルダウンロード》

目次
序章 なぜエクセルなのか?
〜3つの疑問から見るその理由

第1章 ビジュアル資料で成果を上げる
〜報告資料のアレンジ
ビジュアル化すれば、説明の価値が上がる
グラフ機能を応用する使い方
いつもの試算表(BS)を絵にしてみる
PLの推移を絵にしてみる
キャッシュフローの増減を絵で示す
決算申告書の図解

第2章 グラフ化で気づきを得る
〜会計データ分析力をアップする
会計データから何を読み取るのか?
3つの見方で会計データを「分析」する
「儲かっているか?」を検証する
「おカネが足りているか?」を検証する
「何か異常はないか?」を検証する

第3章 気軽に使える高度な分析ツール
〜ピボットテーブルで会計+αの提案につなげる
ピボットテーブルという便利なツール
なんで、会計データにその機能が使えるのか?

第4章 エクセルの真骨頂 予測シミュレーション
〜計画策定を支援する
計画づくりこそ、エクセルが効果的
計画数値の変数(パラメータ)を押さえる
エクセルでの計画作成と数値シミュレーション
エクセルで作った計画なら図解も簡単

著者紹介
上野一也(うえの かずや)
税理士・中小企業診断士。株式会社経理がよくなる 代表/児玉上野税務会計事務所 共同代表。
1976年生まれ。慶應義塾大学理工学部卒業後、ヤマハ株式会社へ入社。
情報システム部門に8年間勤務し、社内システムの設計・運用に携わる。
その後、会計事務所へ転職し現在に至る。税理士業務のほか、経理システムの改善、財務分析、経営計画の策定支援などを中心としたコンサルティング活動を実施。経理社員のキャリアアップにも力を入れ、経理向けの研修を多数実施する。
経理関連の雑誌に記事を多数執筆。
【主な著書】
・「30代からの仕事に使える「お金」の考え方」(共著・ちくま新書)
・「3年で「経理のプロ」になる実践PDCA」(共著・日本実業出版社)