検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
基準の行間を読む
不動産評価実務の判断と留意点
不動産鑑定士 黒沢泰
不動産評価実務の判断と留意点
発 行2019年8月16日
判 型A5判384頁 
ISBN978-4-433-67489-2
定 価3,960円(本体3,600円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
微妙な判断が求められ、単なる計算式だけでなく根拠付けが必要となるテーマについて、多数の事例をもとに図表を交えてわかりやすく解説。

目次
第1章 借地権の価値を測る物差し
第2章 売却相手により底地の評価が異なることの合理性
第3章 計算式の処理よりも本質の理解が求められる評価手法
第4章 定量化のしにくいブラックボックス的な要因
第5章 固定資産税の評価で争点となる例
第6章 相続税の財産評価で争点となる例
第7章 テキストだけでは得にくい応用実務
第8章 知っておきたい必要知識と留意事項

著者紹介
黒沢泰(くろさわ・ひろし)

昭和25年、埼玉県生まれ。昭和49年、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。同年、NKK(日本鋼管株式会社)入社。平成元年、日本鋼管不動産株式会社出向(後に株式会社エヌケーエフへ商号変更)。平成16年、川崎製鉄株式会社との合併に伴い、4月1日付で系列のJFEライフ株式会社へ移籍。現在、JFEライフ株式会社不動産本部・部長、不動産鑑定士。

【役職等】
不動産鑑定士資格取得後研修担当講師(財団の鑑定評価、現在)、不動産鑑定士実務修習修了考査委員(現在)、不動産鑑定士実務修習担当講師(行政法規総論、現在)、(公社)日本不動産鑑定士協会連合会調査研究委員会判例等研究委員会小委員長(現在)

【主著】
『土地の時価評価の実務』(平成12年6月)、『固定資産税と時価評価の実務Q&A』(平成27年3月)、『実務につながる地代・家賃の判断と評価』(平成29年9月、以上清文社)、『新版 逐条詳解・不動産鑑定評価基準』(平成27年6月)『新版 私道の調査・評価と法律・税務』(平成27年10月)、『不動産の取引と評価のための物件調査ハンドブック』(平成28年9月)、『すぐに使える不動産契約書式例60選』(平成29年7月)『雑種地の評価 裁決事例・裁判例から読み取る雑種地評価の留意点』(平成30年12月、以上プログレス)、『事例でわかる不動産鑑定の物件調査Q&A(第2版)』(平成25年3月)、『不動産鑑定実務ハンドブック』(平成26年7月、以上中央経済社)ほか多数。