検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
新版
消費税 仕入税額控除の実務
インボイス制度になる前・なった後
税理士 金井恵美子
消費税 仕入税額控除の実務
発 行2020年8月10日
判 型B5判260頁 
ISBN978-4-433-71780-3
定 価2,640円(本体2,400円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
仕入控除税額の計算等について、図解・Q&Aなどを豊富に採り入れ、現行制度とインボイス制度との違いもわかるよう、具体的に解説。

目次
第1章 消費税のあらまし
第2章 仕入税額控除制度の役割
第3章 課税売上割合
第4章 控除対象仕入税額の計算方法
第5章 仕入税額控除の時期
第6章 課税仕入れ等
第7章 個別対応方式における課税仕入れ等の区分
第8章 仕入税額控除の調整
第9章 帳簿及び請求書等の保存の要件
第10章 簡易課税制度
第11章 リバースチャージ方式と国外事業者申告納税方式
第12章 インボイス制度

著者紹介
金井恵美子(かない えみこ)

税理士、近畿大学大学院法学研究科非常勤講師。
1992年 税理士試験合格。
1993年 税理士登録、金井恵美子税理士事務所開設。
2003年 論文「所得税法第56条の今日的存在意義について」が第26回日税研究賞入選。