検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
第3版 評価明細書ごとに理解する
非上場株式の評価実務
東京タックスコンサルティング 税理士 柴田健次
非上場株式の評価実務
発 行2020年11月19日
判 型B5判540頁 
ISBN978-4-433-72780-2
定 価3,960円(本体3,600円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
判定手順やチェックポイント・記載方法を評価明細書ごとに整理しわかりやすく解説。
株主判定・特定の評価会社の判定・純資産価額の計算等をめぐる判断に迷いがちな論点についてQ&Aを追加した充実の第3版!

目次
第1章 非上場株式の評価の概要
第2章 評価明細書ごとに理解する非上場株式の評価実務
第3章 評価明細書への記載方法
第4章 種類株式を発行している場合の評価
第5章 相互保有株式があった場合の評価
第6章 合併があった場合の評価
第7章 医療法人その他の出資の評価
第8章 適正な評価実務の検討
付録
1 取引相場のない株式(出資)の評価明細書
2 財産評価基本通達(抜粋)
3 日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成29年分)
コラム

著者紹介
柴田健次(しばた けんじ)
1980年神奈川県生まれ 税理士
柴田健次税理士事務所 所長
株式会社 東京タックスコンサルティング 代表取締役

【職歴】
2004年4月 資格の大原 簿記法律専門学校講師就任
2008年1月 税理士法人レガシィに入所
2014年1月 柴田健次税理士事務所設立(専門業務:相続・事業承継)

【著書】
『Q&Aでマスターする 事業承継税制の実務』(清文社、2020)