オンラインTOP > カテゴリー一覧:環境・社会

カテゴリー「環境・社会」の書籍を発行年月日順に表示しています(69冊)
ページ:1|2|3|4|5|6|7 次のページ
次代を担う ひと・まち・産業
次代を担う ひと・まち・産業 誕生から100年、産業都市として多大な役割を担ってきた尼崎市の足跡を振り返り、また、将来に向けた展望について考察。様々な課題と向き合いながら、地域活性化を進める尼崎市での取り組み事例を数多く紹介。 尼崎市市制100周年をテーマにした、尼崎地域産業活性化機構編集の叢書・第3号。

ISBN:978-4-433-40606-6
定価:2,160円(税込) 

国と沖縄県の財政関係
国と沖縄県の財政関係 国と地方の財政関係の視点から、沖縄県の経済状況を分析した研究書。沖縄県と同等の財政力類似県、及び全国との比較などから、沖縄県財政の実情を論じた。

ISBN:978-4-433-40775-9
定価:2,160円(税込)  在庫品切

尼崎市の新たな産業都市戦略
尼崎市の新たな産業都市戦略 産業と市民生活の融合による都市政策の実現に向けて、尼崎市の現状と今後の課題を分析。地域プロモーションの推進や起業支援など尼崎市での実際事例の紹介、商業・産業政策に関する調査研究報告を収録。 『ECO未来都市を目指して―産業都市尼崎の挑戦』に続くAIR叢書・第2弾。

ISBN:978-4-433-40595-3
定価:2,376円(税込) 

コンパクト 環境法政策
コンパクト 環境法政策 環境法・環境政策について書かれた決定版! 環境法のあり方とその解釈の仕方から、問題点や改善策、環境法分野に含まれる具体的な法の解説まで、わかりやすくまとめたもの。

ISBN:978-4-433-40635-6
定価:3,024円(税込) 

ECO未来都市を目指して
産業都市尼崎の挑戦
ECO未来都市を目指して 尼崎市が目指す、産業と環境が融合した〈ECO未来都市〉にむけての取組みを紹介。尼崎の歴史、経済環境の変遷、産業研究の成果報告、環境モデル都市として選定されるまでの経緯や現在進められている活動事例など、産業活動と環境の共生を実現するための課題や論点をまとめた提言書。

ISBN:978-4-433-40584-7
定価:2,160円(税込) 

地方自治の深化
地方自治の深化 地方自治の研究に携わる18名の研究者・実務家が、理論、歴史、制度、政策など多方面から地方自治・地方分権のあり方を考察。 <日本図書館協会選定図書>

ISBN:978-4-433-40854-1
定価:3,240円(税込) 

亡き人に逢える―みみらく【私考】
亡き人に逢える―みみらく【私考】 『蜻蛉日記』をはじめ数多くの文献に取り上げられてきた、亡き人に逢える「みみらく島」の伝説。 郷里・長崎県五島市三井楽町の古代史研究を続ける著者が、「みみらく伝説」成立の背景と伝承の系譜を史料より紐解く。

ISBN:978-4-433-49162-8
定価:2,700円(税込) 

報徳ライフのすすめ
報徳ライフのすすめ ■二宮金次郎からTPP、東日本大震災まで 「報徳」をキーワードに現代社会を生きる 大日本報徳社の月刊機関誌「報徳」に毎号掲載の社長巻頭言の小論をまとめたもの。

ISBN:978-4-433-40801-5
定価:1,944円(税込) 

勝宝の遣唐使
【私考】
勝宝の遣唐使 遣唐使は、古代日本の国づくりに大きな役割をはたし、その功績は今日も輝きを失わず、彼らが命がけでもたらした大陸の進んだ知識、情報、文物によって、わが国の制度、学問などあらゆる分野に大きな影響を与え、文化水準を飛躍的に高めることができたのである。  本書では、計画を含めると20回を数える遣唐使のなかから、今から1250余年前に派遣された天平勝宝の遣唐使の旅を、出発から帰国までの軌跡を追いながらまとめた。

ISBN:978-4-433-49151-2
定価:2,700円(税込) 

環境アセスメント法に関する総合的研究
環境アセスメント法に関する総合的研究 国内・先進諸国・途上国という各国の制度的な取り組みを制度の構成要素から分類分けし、環境アセスメント制度に関する体系的な調査研究の成果を整理し、まとめたもの。

ISBN:978-4-433-40511-3
定価:3,024円(税込) 


ページ:1|2|3|4|5|6|7 次のページ