小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 資金繰りと経営改善のポイント
 
会社を存続・発展させる!
資金繰りと経営改善のポイント
資金繰りと経営改善のポイント
発 行 12月25日
判 型 A5判60頁(本文2色刷)
価 格 315円(定価)300円(本体)
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
会社が存続、発展するための共通のテーマともいえる「資金繰り管理」と「中長期的な経営改善」について取り上げ、そのポイントを解説。

目次
第1章 中小企業経営のこれから

1 中小企業を取り巻く環境
(1)経営環境の悪化による影響
(2)環境の変化に対する課題
2 会社を強くするために
(1)会社の強化のための具体策
(2)資金繰り管理は経営の基本
(3)中長期的な経営改善計画を立てる

第2章 資金繰り・債権管理のポイント

1 資金繰りはなぜ大切か
(1)資金繰りは会社の生命線
(2)利益と資金繰りの違い
2 資金繰り管理の考え方
(1)資金繰り管理の目的
(2)手元流動性比率で資金状態を見る

3 資金繰り表の作り方
(1)資金繰り表の考え方
(2)資金繰り表の様式と作り方
4 資金繰り計画作成のポイント
(1)資金繰り計画作成のために必要な情報
(2)資金繰り計画作成における留意点
(3)資金繰り管理のための体制
5 資金繰り管理の具体例
(1)資金繰り管理のポイント
(2)こんな資金繰りには要注意
6 資金繰り改善のために
(1)資金繰り表から悪化要因を読み取る
(2)資金繰り改善の方法
7 資金ショートを起こさないために
(1)資金ショートの可能性が発覚したら
(2)資金ショートの回避の方法
(3)金融機関取引と資金繰り管理
8 債権管理を確実に
(1)債権管理の重要性
(2)基本的な債権管理
(3)こんな取引先には気をつける
9 危ない取引先に対する防衛策
(1)取引内容を見直す
(2)債権を保全する
10 取引先が倒産した場合
(1)倒産の種類
(2)取引先が倒産したら

第3章 経営改善のポイント

1 貸借対照表(B/S)から経営状態を見る
(1)B/Sの見方
(2)財産状況を見る上での指標
2 損益計算書(P/L)から経営状態を見る
(1)P/Lの見方
(2)P/Lにおいて収益性を見る指標
(3)B/SとP/Lから借入金の返済能力を見る
3 ビジネスモデルの明確化
(1)ビジネスモデルの意味
(2)ビジネスモデルの作り方
4 利益計画の基本@損益分岐点を知る
(1)変動費と固定費
(2)損益分岐点の考え方
5 利益計画の基本A部門別損益をつかむ
(1)部門別損益はなぜ必要か
(2)部門別損益の考え方
(3)部門別損益からの利益計画の考え方
6 売上増加の取組み
(1)顧客(市場)と製品(サービス)の組み合わせから売上増加を図る
(2)売るための仕組み作り
7 原価および経費の見直し
(1)経営改善のための原価および経費の見直し
(2)原価の見直し
(3)経費の見直し
8 人権費の見直し
(1)人件費の見直しの考え方
(2)人件費見直しのステップ
9 経営改善に必要な管理
(1)予実差異の分析
(2)新たな課題抽出
(3)課題解決策の立案
(4)また、実行

第4章 資料

1 利用したい制度や相談先
(1)経営全般
(2)融資、保証制度
(3)その他
2 経営状態把握のチェックリスト


このページのtopへ