小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 生前贈与の非課税枠活用ポイント
 

生前贈与の非課税枠活用ポイント
生前贈与の非課税枠活用ポイント
発 行 2015年10月1日
判 型 A5判60頁(本文2色刷)
価 格 本体300円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
贈与税の各種の特例制度について、対象者、目的、適用期限や回数、非課税額、手続き等、特例の適用を受けられるのかどうか、横断的かつコンパクトに解説。

目次
1 贈与税とは
Q 贈与とはどのような行為ですか?
Q なぜ贈与税がかかるのですか?
Q すべての財産の贈与に贈与税がかかるのですか?
Q 贈与税は誰が納めるのですか?
Q 高い税率の贈与税を納めてまで、財産を生前に贈与する意味はありますか?
Q 贈与税を納めた財産には、今後、相続税がかかることはないのでしょうか?

2 贈与税の非課税制度とは

3 暦年課税(基礎控除)
Q 暦年課税制度の対象となるのはどのような人ですか?
Q どのような目的、どのような財産の贈与が制度の対象となりますか?
Q この制度を利用できる期間や回数に制限はありますか?
Q いくらまでの贈与であれば贈与税がかかりませんか?
Q 適用を受けるには、どのような手続きが必要ですか?
Q 贈与時や贈与後に気をつけることはありますか?

4 暦年課税(配偶者控除)居住用不動産等の贈与
Q 夫婦であれば、誰でも制度を利用できるのですか?
Q どのような目的、どのような財産の贈与が制度の対象となりますか?
Q いくらまでの贈与であれば贈与税がかかりませんか?
Q この制度を利用できる期間や回数に制限はありますか?
Q 適用を受けるには、どのような手続きが必要ですか?
Q 贈与後、手続き以外で気をつけることはありますか?

5 教育資金の一括贈与の特例
Q 誰でもこの制度を利用して贈与を行えますか?
Q どのような目的、どのような財産の贈与が制度の対象となりますか?
Q いくらまでの贈与であれば贈与税がかかりませんか?
Q この制度を利用できる期間や回数に制限はありますか?
Q 適用を受けるには、どのような手続きが必要ですか?
Q 贈与後、手続き以外で気をつけることはありますか?

6 結婚・子育て資金の一括贈与の特例
Q 誰でもこの制度を利用して贈与を行えますか?
Q どのような目的、どのような財産の贈与が制度の対象となりますか?
Q いくらまでの贈与であれば贈与税がかかりませんか?
Q この制度を利用できる期間や回数に制限はありますか?
Q 適用を受けるには、どのような手続きが必要ですか?
Q 贈与後、手続き以外で気をつけることはありますか?

7 相続時精算課税
Q 誰でもこの制度を利用して贈与を行えますか?
Q どのような目的、どのような財産の贈与が制度の対象となりますか?
Q いくらまでの贈与であれば贈与税がかかりませんか?
Q この制度を利用できる期間や回数に制限はありますか?
Q 適用を受けるには、どのような手続きが必要ですか?
Q 贈与後、手続き以外で気をつけることはありますか?

8 住宅取得等資金の贈与の特例
Q 誰でもこの制度を利用して贈与を行えますか?
Q どのような目的、どのような財産の贈与が制度の対象となりますか?
Q いくらまでの贈与であれば贈与税がかかりませんか?
Q この制度を利用できる期間や回数に制限はありますか?
Q 適用を受けるには、どのような手続きが必要ですか?
Q 贈与後、手続き以外で気をつけることはありますか?



このページのtopへ