小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > ハラスメントにNO!人材を120%活かす職場づくり
 

ハラスメントにNO!人材を120%活かす職場づくり
ハラスメントにNO!人材を120%活かす職場づくり
発 行 2015年10月25日
判 型 A5判56頁(本文2色刷)
価 格 本体300円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
メンタルヘルス対策、ハラスメント対策、社内コミュニケーションについて、会社としての適切な対策をわかりやすく解説。

目次
1 メンタルヘルスとは
1 メンタルヘルス不調による悪影響
2 ストレスチェックの義務化

2 メンタルヘルス不調を予防するには
1 メンタルヘルス不調のサインを見逃さない
2 セルフケアを促す

3 ハラスメントとは
1 ハラスメントによる悪影響
2 加害者の法的責任
3 使用者の法的責任
4 労災

4 セクシュアルハラスメントとは
1 セクハラの定義
2 セクハラ事例
3 セクハラに関するチェックリスト
4 セクハラ指針の改正

5 マタニティハラスメントとは
1 マタハラの定義
2 マタハラ事例
3 マタハラに関するチェックリスト
4 マタハラ防止強化に関する厚生労働省通達

6 パワーハラスメントとは
1 パワハラの定義
2 パワハラ事例
3 パワハラに関するチェックリスト

7 ハラスメントをしないために
1 相手の気持ちを考える
2 自分勝手に思い込まない
3 慣習や価値観を押しつけない
4 感情的な立ち居振る舞いを避ける
5 「パワハラ」と「指導」の違いとは
6 会話力アップでコミュニケーションを円滑に

8 ハラスメント防止のために会社ができること
1 就業意欲を高める環境づくりを
2 良好な職場環境を形成する4原則

【参考資料】
@ハラスメント防止規程例
Aセクハラ裁判例
Bマタハラ裁判例
Cパワハラ裁判例


このページのtopへ