小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > その気にさせる事業承継
 
その気にさせる事業承継
得すること・損すること
その気にさせる事業承継
発 行 2017年10月31日
判 型 B5判48頁
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
中小企業において、円滑な事業承継ができるよう、準備や事業計画・現経営者や後継者の「得すること・損すること」を対比でわかりやすく解説。

目次
1 事業承継の準備で得すること・損すること
1.中小企業の事業承継には「十分な準備期間」が必要!
2.まずは、会社の今を知ることからスタート!
3.あなた(経営者)自身のことを知ることも必要です
4.後継者候補の選定は慎重に!税理士や金融機関等のブレーンも活用!

2 事業承継スキームで得すること・損すること
1.これだけあります!「事業承継のやり方」
2.親族内承継における種類株式を活用した「経営権の集中」
3.親族内における株式移転では「税金」と「納得」が大事
4.親族外役員等への承継は自社株購入資金の調達がミソ!
5.M&Aは「雇用維持」「取引先の仕事維持」「老後生活維持」に有効
6.税制もバックアップ!事業承継対策としての「企業組織再編税制」

3 現経営者が得すること・損すること
1.自社株評価を行えば「納税資金」「遺産分割」「節税」三方良し!
2.事前の相続税シミュレーションが、円満相続のコツです!
3.遺産分割がまとまらないのは、経営者の責任です
4.個人事業の相続対策は、法人化から始めよう
5.借金や連帯保証は、生前に整理しておきましょう
6.家族に内緒にしていること、ありませんか?
7.“相続人のために”自分の退職金を準備する
8.事業承継で最も大事なのは“大局観”

4 後継者が得すること・損すること
1.社内や社外との事前コミュニケーションは大事!
2.事業承継で必要な資金には、「低利融資」と「保証枠の拡大」を活用!
3.「事業承継補助金」や「経営力向上計画」を申請して業績アップ!
4.非上場株式等についての相続税の納税猶予制度を利用しよう!




このページのtopへ