小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 相続税〔税務調査〕心得帳
 
受けた時にあわてない!
相続税〔税務調査〕心得帳
相続税〔税務調査〕心得帳
発 行 2018年8月20日
判 型 B5判56頁
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
一般にあまり知られていない「相続税の税務調査」について、どういう調査が行われ、どんなことが調べられるのか、適切な申告を行うために事前に準備すること等、弁護士、税理士の両視点から事例を交え、わかりやすく解説。

目次
心得その1 税務調査について知っておきたい[申告前の心得]
第1 相続税の税務調査とは
第2 相続人の把握・確定
1 事前に確認しておくべき事項
2 事前に収集しておくべき資料等
相談事例@ 戸籍謄本の取得
相談事例A 未成年者と遺産分割協議
第3 遺言の存否と遺言内容の確認
1 事前に確認しておくべき事項
2 事前に収集しておくべき資料等
相談事例B 遺言書の要件
相談事例C 遺贈の放棄
第4 税務調査に関する法令の定め
1 税務調査の種類
2 事前通知(国通法74の9)
相談事例D 事前通知された調査日時の変更
相談事例E 事前通知のなされない調査
相談事例F 質問検査権の許容範囲

心得その2 実地調査を受ける[事前の知識と心得]
第1 調査選定はどのようにしているのか
1 相続開始の情報入手
2 税務署内資料との突合、お尋ね書の郵送
3 申告書の机上審査
第2 調査選定されやすい申告内容とは
相談事例@ 実地調査前の資料収集
相談事例A なわ延び・なわ縮み
相談事例B 申告書の審理
第3 実地調査で聞かれる定番の質問とその意図
相談事例C 実地調査当日の質問事項
相談事例D 調査当日の対応
相談事例E 過年度申告の確認
相談事例F 印鑑の確認
相談事例G 期限内申告の変更と適否
相談事例H 新発見の預貯金の帰属
相談事例I 未収家賃の帰属
相談事例J 納税者支援
相談事例K 相続分の無償譲渡
相談事例L 使途の不明な預金からの出金
相談事例M 名義株
相談事例N 帳簿資料の隠匿

心得その3 知っておきたい身近な[財産評価の心得]
第1 課税財産の評価は
第2 時価とは
第3 いつの時価か
第4 相続財産とは
1 本来の相続財産
2 みなし相続財産
第5 評価事例を検討する
相談事例@ 評価通達によらない財産評価
相談事例A リフォーム代計上の適否
相談事例B 庭園設備の評価
column 遺言執行には要注意
column 遺産分割協議で相続放棄したはずが・・・
column 債務控除のワナ




このページのtopへ