小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > “補助金活用型”事業計画策定マニュアル
 
事業拡大にチャレンジしたい企業のための
“補助金活用型”事業計画策定マニュアル
“補助金活用型”事業計画策定マニュアル
発 行 2016年11月5日
判 型 B5判56頁(本文2色刷)
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
中小企業が、設備投資や販路開拓を支援するものとして使える補助金で、申請の際に必要な事業計画書や経営計画書について、記載例を入れながらこれらの計画策定のポイントを簡潔に解説。

目次
T 補助金の申請の前に知っておくべきポイント
 1.採択率でレベルを知る
 2.事業計画等を策定することの効果
 3.事業計画書等の提出が必要な補助金
 4.まず時間を確保しましょう
 5.採択された後のことも考えて進めましょう

U 採択されるための計画の策定ポイント
 1.補助金の政策目的を知る
 2.採択事例の事業計画等の内容を確認してみる
 3.採択されやすい事業計画等の特徴を知る
 @実現可能性
 A革新性
 B市場性
 C網羅性・ストーリー性
 D動機付け(passion)

V 「ものづくり補助金」の事業計画の策定方法
 1.まず補助金の審査方法を確認する
 2.計画の全体像をつかむため、目次を作る
 3.事業計画の具体的な記載例
 @現状の取組み内容
 A新事業の課題及び取り組む理由
 B期待する取組みの効果・成果
 C具体的な取組み内容とそのスケジュール
 D実施体制・技術的能力
 E将来の展望の概要
 F事業計画

W 「持続化補助金」の経営計画書・補助事業計画書
 1.まず補助金の審査方法を確認する
 2.計画の全体像をつかむため、目次を作る

X 補助金とセットで計画策定すると効果的な施策
 1.経営革新計画
 2.経営力向上計画

Y お金をかけずにマーケティング分析する方法
 1.顧客名簿を使って顧客分析
 2.競合分析
 3.業界最大手の企業や業界団体のホームページを活用する
 4.タウンページや地図を活用し、市場(顧客)・競合調査を行う
 5.Facebook等のSNSを活用する
 6.図書館のサービスを活用する
 7.社内の人材から顧客情報を収集する
 8.国の施策や情報を最大限活用する
 9.アンケートを作って顧客情報を入手する



このページのtopへ