小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > ストップ 現場の交通事故
 
いまや建設業の死亡災害ワースト2
ストップ 現場の交通事故
ストップ 現場の交通事故
発 行 2018年1月
判 型 B5判40頁(本文2色刷)
価 格 本体200円+税
概要を表示
目次を表示


【特典】
ご案内の小冊子を1点につき300部以上お申込みの場合、ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。
又、価格割引もございますのでお問い合わせ下さい。

一括ご購入予定の方で,サンプル希望の方には
1部無料で冊子をお送りします。

【送料】50冊以上サービス
お申込はこちら

【お申込方法】
右上のボタンよりお申込み下さい。(メール又はFax)
●メールでお申込みの場合
 2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
 ※書名・冊数を記入して下さい。
●FAXでお申込みの場合
 ※複数の冊子をお申込の場合はFaxが便利です。
 ※Fax用紙をダウンロードし、内容を記入して送信して下さい。

【問いあわせ先】
TEL.06-6135-4050
e-mail:online-seibunsha@skattsei.co.jp

概要
実際の事故事例をもとに、「衝突」「接触」「追突」「転落」「はみ出し」「追突され」の事故類型別に解説。「安全計画」「機械・設備」「教育などの管理面」「保護具の使用」という4つのアプローチで防止策を提案。元請・協力会社がとりうる交通災害防止対策をイラストを交えてわかりやすく解説。

目次
・建設業の労働死亡災害にしめる交通死亡事故の割合は増えている
・交通死亡事故の作業内容と原因
・現場への行き帰りの交通事故は労災とされるケースがある
・交通事故が現場の労災と認定されたときのダメージ
「衝突事故」(その1)一時停止線で確実に停止せず、右折したところ、左側から直進してきた車に衝突
「衝突事故」(その2)工事用の資材をトラックで運搬中、路面に段差があるのを見つけ減速したが、スリップして電柱に衝突
「接触事故」(その1)追い越し車線から中央車線に車線変更したところ、同時に左側車線から中央車線へ車線変更してきた車と接触
「接触事故」(その2)物を拾おうと、前方から目を離したとき、左側から交差点内に侵入してきた車と接触
「追突事故」(その1)前方の交差点でトラックが赤信号で停車しているのに気づき、あわてて急ブレーキをかけたが追突
「追突事故」(その2)スマホを操作していて、信号で停車中の車に追突
「転落事故」(その1)追い越しのとき、小雨でぬれていた路面でスリップして電柱にあたり、はずみで路肩から転落
・高齢者が多く起こしている事故のパターンは
・高齢者の事故が多くなるのはなぜか
・高齢者の行動特性に気をつける
・高齢者は自身の運転スキルを過信している
・高齢者が守るべき3つの安全運転こころえ
「転落事故」(その2)急カーブをスピードを落とさず曲がろうとして、路肩下へ転落
・急ぎの心理が危険運転にむすびつく
「はみ出し事故」(その1)道路案内標識に気をとられ、反対車線にはみ出し、対向の生コン車と衝突後、ガードレールに激突
・脇見運転となりやすいケースとその対策
「はみ出し事故」(その2)カーブでスリップし、中央分離帯を飛び越えて対向車線へ飛び込んで横転
「追突され事故」(その1)高速道路で渋滞が発生したので、一時停車したところ、後続車に追突された
なぜ交通事故は起こるのか●危険敢行性と交通事故
なぜ交通事故は起こるのか●人は、利益と引き換えにリスクを取る
交通事故を防ぐには●安全運転への動機づけ
交通事故を防ぐには●ヒヤリ・ハットしない運転状況をつくる
交通事故を防ぐには●ヒヤリ・ハット事例を覚えこみ、危険を予知して運転する
交通事故を防ぐには●メッセージによる動機づけ
交通事故を防ぐには●安全運転の大切さを心の中に植え付ける
交通事故を防ぐには●運転に支障を及ぼす恐れのある病気と対策
交通事故を防ぐには●過労のあらわれ方とその対処法
交通事故を防ぐには●安全運転のこころえ


このページのtopへ