小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 安衛則改正 フルハーネス型使用義務化 現場での対応のポイント
 
安衛則改正
フルハーネス型使用義務化
現場での対応のポイント

フルハーネス型使用義務化 現場での対応のポイント
発 行 2018年8月
判 型 B5判24頁(本文2色刷)
価 格 本体170円+税
概要を表示
目次を表示


【特典】
ご案内の小冊子を1点につき300部以上お申込みの場合、ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。
又、価格割引もございますのでお問い合わせ下さい。

一括ご購入予定の方で,サンプル希望の方には
1部無料で冊子をお送りします。

【送料】50冊以上サービス
お申込はこちら

【お申込方法】
右上のボタンよりお申込み下さい。(メール又はFax)
●メールでお申込みの場合
 2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
 ※書名・冊数を記入して下さい。
●FAXでお申込みの場合
 ※複数の冊子をお申込の場合はFaxが便利です。
 ※Fax用紙をダウンロードし、内容を記入して送信して下さい。

【問いあわせ先】
TEL.06-6135-4050
e-mail:online-seibunsha@skattsei.co.jp

概要
安衛則の改正により義務付けられた「フルハーネス型墜落制止用器具」について、改正に伴う現場での対応ポイントを、具体事例を挙げ、イラストを用いてわかりやすく解説。

目次
 ・フルハーネス型使用義務 改正のポイント
 ・高所作業では原則フルハーネス型を使用
 ・安全帯が墜落制止用器具に
 ・自由落下距離・落下距離とは
 ・フルハーネス型を使用する場合の特別教育
 ・使用中の安全帯についての経過措置
 ・二丁掛フルハーネス型の掛け替え
 ・墜落制止用器具のフックの正しい取り付け方法
 ・墜落制止用器具の取付設備への取り付け
 ・フルハーネス型を使用しても体が地上等に激突するおそれがあるときの対応
 ・フルハーネス型の正しい装着
 ・フルハーネス型の使用前の確認
 ・墜落制止用器具の点検
 ・墜落制止用器具の保管場所
 ・墜落制止用器具が関係する墜落:転落災害事例
 ・あなたのかけがえのない命をまもろう


このページのtopへ