小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 救命・応急手当の基本
 
災害事例別
救命・応急手当の基本
救命・応急手当の基本
発 行 2016年10月
判 型 A5判64頁(本文2色刷)
価 格 本体240円+税
概要を表示
目次を表示



【特典】
ご案内の小冊子を1点につき300部以上お申込みの場合、ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。
又、価格割引もございますのでお問い合わせ下さい。

一括ご購入予定の方で,サンプル希望の方には
1部無料で冊子をお送りします。

【送料】100冊以上サービス
お申込はこちら

【お申込方法】
右上のボタンよりお申込み下さい。(メール又はFax)
●メールでお申込みの場合
 2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
 ※書名・冊数を記入して下さい。
●FAXでお申込みの場合
 ※複数の冊子をお申込の場合はFaxが便利です。
 ※Fax用紙をダウンロードし、内容を記入して送信して下さい。

【問いあわせ先】
TEL.06-6135-4050
e-mail:online-seibunsha@skattsei.co.jp

概要
すべての災害時に共通する救命・応急手当についての基礎知識や、災害の内容ごとに具体的にとるべき対応を事例をあげて詳しく解説。

目次
基礎知識編
・救急車の呼び方(119番通報)
・意識状態のチェックと一次救命処置の流れ
・一次救命処置の方法
・ケガ人の基本チェック方法
・ケガ人の移動方法
 コラム 毛布担架の作り方
・止血の方法
・消毒の方法
 コラム キズは流水で洗う

災害事例編
・高所からつい落した
事例1 高いところからつい落して体全体を強打した
(6m以上の高さからのつい落)
事例2 足をすべらせてつい落し、足をひねった
(6m以下の高さからのつい落)
事例3 脚立から落ちて、腰を強打した
・落下物に当たった
事例 工具が落ちてきて、ヘルメットをしている頭に当たった
・破片などが目に入った
事例 作業中に破片が飛んできて、目に当たった・目に入った
・重い物の下敷きになった
事例 資材の下敷きになった
・重機にはさまれた
事例1 重機に下半身がはさまれ、引き出せない
事例2 重機に腕がはさまれ、動かせない
・電動工具でケガをした
事例1 丸のこで指を切った
事例2 丸のこで二の腕を切った
コラム 神経や腱が切れたとき
・車にはねられた
事例 車にはねられ、地面に倒れた
高齢の労働者が転倒した
事例1 転倒して、首を強く前に曲げた
事例2 ふくらはぎを機械に強くぶつけ、転倒した
コラム 高齢者のケガについて
     薬歴について
・川で溺れた
事例 川で溺れ、大量の水を飲んだ
・土砂崩れにあった(生き埋め)
事例 土砂崩れで生き埋めになり、呼吸に異常がある
・一酸化炭素中毒や有機溶剤中毒の疑いがある
事例 吐き気を訴え、倒れた
コラム 中毒の要因と症状
・やけどをした
事例1 手や足をやけどした
事例2 アーク光が当たった(目のやけど)
コラム 手掌法による、やけどの範囲チェック
     皮膚以外のやけどについて(目、気道など)
・感電した
事例 感電し、倒れた
・熱中症の疑いがある
 ・熱中症の症状と重症度
 ・熱中症への対応チャート
 ・熱中症予防の9か条
事例 熱中症を起こし、倒れた
コラム 熱中症とは?
    熱中症が発生しやすい状況とは?
    疲れているとケガをしやすい〜休息を大切に〜


このページのtopへ