【リアル体験型セミナーのご案内】 相続物件調査【机上&屋外】と申告書添付資料の勘どころ

株式会社 清文社

リアル体験型セミナーのご案内

対象者

税理士・会計事務所にお勤めの方をはじめ、相続実務に携わる方々

開催日程

平成30年10月

  • 18日(木)
  • 19日(金)
  • 25日(木)
  • 26日(金)

各開催日 11:00~17:00(受付開始 10:30〜/昼休憩 12:30〜13:20)
昼食をご希望の方は、当日受付時にご用命ください。(実費)

セミナー内容は各開催日とも同一です。

開催日程の4日間のうちから、いずれかご都合の良い日取りを選択してお申し込みください。

会 場

上牟田会館 〒812-0006 福岡県福岡市博多区上牟田2丁目4−10
地下鉄空港線「東比恵」駅徒歩約15分 ※車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください。

講師プロフィール

東北 篤
税理士・不動産鑑定士
東北 篤(とうほく たかし)

昭和52年、和歌山大学在学中に不動産鑑定士第二次試験合格。大学卒業後、大阪国税局へ入局し、課税第一部資産評価官付要職を歴任。不服審判所国税審判官、調査部統括国税調査官を務めた後、泉大津税務署長をもって平成27年7月に定年退官。数々の相続税調査の経験を活かし、税理士・不動産鑑定士として活躍中。

主な著書

「新版 ここが違う!プロが教える土地評価の要諦」(清文社 平成30年4月)
「土地評価のための役所調査便覧」(清文社 平成29年9月)

講師ご挨拶

不動産は評価額が大きく、その評価を誤れば課税価格に大きな影響を及ぼします。不動産評価が適切でないと、税務調査等により、修正申告や更正の請求を行う必要性が生じる場合があり、余計な税金(加算税や延滞税)や手間がかかることも予想されます。また、申告された納税者様の心理的な負担も相当なものです。
本セミナーでは、相続税申告時にはかかせない不動産評価のキーポイントとなる“物件の屋外調査”を実際に体験していただきます。正確な判断、適正な評価方法を習得していただき、説得力のある申告書添付資料の作成の一助となれば幸いです。

屋外調査サポート講師

河合 悟
不動産鑑定士
河合 悟(かわい さとる)

■主な著者
「土地評価のための役所調査便覧」(清文社 平成29年9月)

参加費用(1日分)

34,560円(税込)/1名様(受講料・テキスト代込み)
お申込みをいただきましたら、ご参加人数分の代金のお振込みをお願いします。
お振込先 三井住友銀行 南森町支店 当座 214442 名義:株式会社 清文社

当日スケジュール

  • ①調査対象になりがちな申告書と添付資料について
  • ②机上調査と屋外調査の前に、基礎知識を知っておこう!
  • ③屋外調査(外出を伴います。天気が悪い場合は傘のご持参をお願いします。)
  • ④作図、添付書類の作成・実務相談 等
新版 ここが違う!プロが教える土地評価の要諦

講師 東北篤氏最新刊「新版 ここが違う!プロが教える土地評価の要諦」(平成30年4月刊)をセミナーテキストとして当日お配りします。

前回の風景(大阪)

  • 屋外調査前の座学
    屋外調査前の座学
  • 雨の中の現地調査
    雨の中の現地調査
  • 外から戻り、作図作業と実務相談の様子
    外から戻り、作図作業と実務相談の様子
  • 当社社員による事前調査
    当社社員による事前調査

セミナー 受講申込(FAXまたはWEB)

FAXでの申し込みはコチラ

開催日程の4日間のうちから、いずれかご都合の良い日取りを選択してお申し込みください。

  • 申込者(参加者全員記名してください)

送信が完了しました。
お申込みありがとうございました。